人気の商品! | もしもの場合の避妊薬としてアフターピルを常備!

人気の商品!

アフターピルで安心

緊急避妊薬として服用するアフターピルは、体に負担も大きくあまりオススメできませんが、低用量ピルは体にメリットもあるため、とてもオススメの医薬品となっています。
ホルモンバランスを整えることで、生理痛の痛みを和らげることもできますし、不定期の女性は周期を整えるこうかもあります。生理の周期を調整するために利用している女性も多く、女性に多い不正出血などの心配事も予防してくれる、とても便利な医薬品となっています。低用量ピルは、ニキビやガンの予防にもなるので、利用している女性も多いでしょう。そんな低用量ピルの中で、特に女性に人気のある医薬品が、トリキュラーと呼ばれる低用量ピルです。トリキュラーは、3相性タイプの医薬品で、ホルモン配合が一定ではない為、時期によって飲む順番が決まっています。一般的に利用しているトリキュラーは、トリキュラー21というものではないでしょうか。21日間連続で服用した後、7日間休みを取り、また再開するような服用の仕方で、スタートと書かれた数字の1が書かれた赤褐色の錠剤からのみ始めます。毎日決まった時間に1錠ずつ飲んでいき、赤褐色の薬を6日間、白色の薬を5日間、淡黄赤褐色の薬を10日間の系21日間飲み続け、生理期間中である7日間は薬を飲まずに体を休ませます。7日間が過ぎたら、また同じように新しいシートの数字の1から順番に飲んでいくような服用の仕方になっています。飲み続けている間は避妊できますし、飲むのをやめると妊娠できるようになっています。
トリキュラー21を初めて飲む際には、生理の1日目に合わせます。もし、飲み遅れてしまった場合には、他の避妊方法も併用して行うようにしましょう。低用量ピルは、毎日同じ時間に飲むことが大事です。そのため、確実に飲める時間を習慣づけ、しっかりと避妊をしていきましょう。