アフターピルの正体と効果 | もしもの場合の避妊薬としてアフターピルを常備!

アフターピルの正体と効果

ピルを飲む人

大好きな彼と性行為をしていても、妊娠を望んでいない女性は多いのではないでしょうか。特に若い女性にとっては、妊娠をすることに不安を感じている女性は少なくありません。
大好きな彼と性行為をする際でも、しっかりとコンドームをつけて性行為をしているカップルも多いです。しかし、コンドームというものは100%避妊することができる道具ではありません。破れてしまうこともありますし、誤った使用方法をしてしまうこともあり得ます。そのような際に服用するのが、緊急避妊薬のアフターピルです。アフターピルの仕組みを知らずに服用している女性も多いのではないでしょうか。アフターピルを飲むとどうなるのか、効果はどのくらいなのかを知っておくことで対処することができるのではないでしょうか。
アフターピルは、子宮内膜を強制的に剥がすことで着床を防ぎます。無理矢理ホルモンバランスを変えるので、アフターピルを服用した際に副作用の引き起こすケースはとても多いです。アフターピルを服用すると、ホルモンを多く注入するので妊娠に近い状態になります。そのため、吐き気の副作用を引き起こす女性がとても多いです。しかし、せっかく服用したものを出してしまうと効果が無くなってしまうので、吐き気がしても我慢をしなくてはいけません。もし吐き気が強すぎるのであれば、吐き気止めを一緒に飲むようにしましょう。
他にもめまいや頭痛のような症状が現われる女性もいます。人によって、副作用が全くでない人もいれば、重い症状の人もいるので、人によりけりです。アフターピルを服用後、次の生理までに出血があれば、避妊は成功したと言えますが、出血の量があまりにも少なすぎたり、無い場合には、避妊は失敗している可能性が高いので、検査をするようにしましょう。